ー「にんにこ」の思い出という心の栄養ー

 

戦時中に結婚し、若くして未亡人になった祖母、

戦争に出向き、帰らぬ夫との間の子供たちを育てるために、

一生懸命働いて、苦労に苦労をかさねてきました。

 

そんなおばあちゃんの握ってくれたおにぎり、

不恰好で見目麗しくなかったけれど、

塩が効いていくつでも食べたくなったものです。

 

『子供たちの末来が健康で豊かなものになりますように』

握ってくれたおにぎりにこんな愛が込められてたと思うようになりました。

祖母を知る人が、祖母の思い出話を私に聞かせてくれます。

 

祖母の思いを確かめることなどもうできないと思っていましたが、

祖母の母親だった姿を知る人が、私に思い出話を聞かせてくれます。

私の子らの幸せを願う思いも、いつも祖母と同じでありますように。

 

そうして、子供たちの幸せな未来をただただ無欲に願うのは、

何も私個人だけの思いではないとそう確信しています。

 

幸せってひとりで作り上げられるものではないと考えています。

 

おひとりおひとりに積み重ねてきた記憶があります。

そして、記憶という思い出が時につらい気持ちを

癒してくれることがあります。

 愛するひとが作ってくれる心のこもった食事には、

『あなたに健康でいてほしい』そんな願いが込められています。

 

私は、あなたをここまで育ててくれたご縁ある方々に感謝します。

 

 

大切な人との思い出を語り愛ながら、良い食習慣をつみかさね、

ますます健康長寿をめざしましょう!

 

*まぐまぐ!から、

メールマガジン発刊中

今なら無料で読めます

病気知らずになるかもしれません。

一緒に健康長寿を目指しましょう

ご登録は下記をクリックください

  ⇊ ⇊ ⇊

パワフル元気、幸せになる食生活を習慣化。食卓に愛と笑顔がよみがえる。

携帯からの登録はこちらから
規約に同意して登録
解除