栄養管理業務や、給食管理業務など、外部からは見えてこない

地道な事務作業もたくさんありますね。

 そして、

たいていは、ひとり職場で、相談する相手もなく一日を過ごし、

衛生管理は、書類は半端なくおおいし、

一日中、電話連絡はひっきりなし。

   

 そのうえ、

 

 ▣ ちょっと自信が持てない。

    

 けれども、患者から、対象者から、その他の職種からも、

 もちろん、給食や調理場からまったなし、の注文、

  

  それから、

 

 ▣ 日々の業務に追われている

 ▣ 調べる時間がない、

 ▣ でも、スキルアップしたい。

 

どうやったら、上手に他の職種と上手にコミュニケーションを図れる?

栄養管理記録や指導記録も、わかりやすく、スマートに書けないだろうか? 

 

 ▣ 調理員さんと上手に話したい。

 ▣ 他職種と上手に話したい。

 ▣ なかなか病棟へいけない、患者と話せない。

 

 ▣ なんだか悪循環している。

 ▣ 食事がまずいと言われる。

 

 

 ▣ 情報が多すぎるし、どうしたら良いかわからない、

 ▣ この食事で患者さんのニーズに即しているのかな?

 

 ▣ 疑問はあり、聞きたいが、聞けない。聞く人がいない。

 ▣ 日々の業務に追われ、気が付いたら、月末。

 

 ▣ いまさら、こんなこと聞いてもいいのかな。

 

不安がわいてきて、お悩みがある、

どうぞ、ご遠慮なく、お話しください。

メールはこちら⇒お問い合わせページ

 


医療・介護・福祉の現場を和歌山の管理栄養士北紀子も

転々としてきた職場ごとに様々な不安はついてまわりました。


けれども、

調理員さんと良好な関係を築き、

そのほかのスタッフのかたとも、すぐに仲良くなり、

毎日、楽しく業務をこなしてまいりました。


ちょっとしたことなんですけどネ。

 

 

 気持ちが楽になり、

 イキイキすごせるようになり、

 あなたの考える給食献立が大好評となり、

 調理員さんとも、良好な関係を構築できるようになり、

 毎日の業務が、難なくこなせるようになるといいですネ。

 

ご連絡お待ちしています。

 

 

 メールはこちら ⇒ お問い合わせのページ

 

 

 

 また、在宅管理栄養士 北 紀子は、

精神(こころ)を大切したいと思い、心理学を勉強中です。

食の記憶は心の深部に密接にかかわっていると考えています。

 

ひとり一人の食へのこだわりは、違っていて当たりまえ、

そのように考えてもおります。


お役に立つことありましたら幸いです。

 

 

*まぐまぐ!から、

メールマガジン発刊中

今なら無料で読めます

病気知らずになるかもしれません。

一緒に健康長寿を目指しましょう

ご登録は下記をクリックください

  ⇊ ⇊ ⇊

パワフル元気、幸せになる食生活を習慣化。食卓に愛と笑顔がよみがえる。

携帯からの登録はこちらから
規約に同意して登録
解除