食と心と体の健康を考える管理栄養士

  プロフィール 

   平成25年11月開催、地元で開催された

   紀の川市産業&食育フェアでの

  フルーツ飴づくりの模様が市報に掲載されました。

   

      

* 瀧本 紀子 *

 Takimoto    Noriko (1972年生) 

 

出身地:和歌山県
 

職業: 訪問管理栄養士

       

 

 

20年近い栄養士活動のなかで「どれほど上手に食の話を行っても、

血液検査などでは到底表すことのできない、心の奥でくすぶっている

問題が解決されない限り、食の行動変容がおこらない」

このように感じるようになりました。

 

自身の病気体験を転機に心理療法を学びながら

訪問管理栄養士として活動中。

 

 

 

取得資格等:在宅訪問管理栄養士

        (日本在宅栄養管理学会 認定(旧訪栄研))

      和歌山地域糖尿病療養指導士 WLCDE認定

      特定保健指導指導者研修修了(栄養士会認定)

      家庭料理技能検定3級、4級

      

所   属:日本栄養士会 

      和歌山県栄養士会 

      日本在宅栄養管理学会 

       (旧 全国在宅訪問栄養食事指導研究会)

      糖尿病学会 和歌山県支部

      NPO法人和歌山口腔ケア摂食&嚥下研究会

  

      

 

 

 

 

経 歴 等:和歌山信愛女子短期大学 生活文化学科 

          食物栄養専攻23期 卒業

       栄公会グループ 社会医療法人 佐野記念病院 

         老人保健施設 栄公苑

         特別養護老人ホーム アムリタ

 

 

 これら、整形外科中心の病院と併設施設に14年勤務、

 この時に在宅支援の大切さを考えるようになる。

 (栄養士業は、2014年に積算で20年を超えました。)

 

   自己都合により退職、その後、心の病の克服を目指す。

   高齢者賃貸住宅、デイサービスセンター等調理員、

   整形外科病院(貴志川)、

   内科病院(名手市場人工透析施設併設)等、職を転々とする中、

 

   友人や仲間たちに支えられ、    

  2012年心の病から、精神関連のお薬を完全断薬に成功、

  その後、認知の歪みも回復、自尊感情を取り戻していっている最中。

 

 

 自らの経験を振り返り、精神(こころ)の支援の大切さを

 考えるようになる。

 

 同時に、地域医療や地域介護への貢献を目指す。 

   2013年、

   日本栄養士会の栄養ケアステーションのモデル事業に申請、認定を受ける。

   『 地域栄養ケアステーション にんにこオフィス 』

 

 食事相談では食から心(精神)と体(身体)の元気を支援するべく、

 傾聴に重きをおき、対象者の生活のなかの食事の有り様を見るようにし、

     料理もできる管理栄養士として活動中。

 

 

そ の 他:

         ・2013年、心の面の援助を専門的に学ぶべく、

    京都橘大学 たちばなエクールに入学・在籍中。

    卒業研究は

               「栄養の指導・面談指導の際の言葉かけが、

                 クライエントの心や行動の変容に及ぼす影響」

   

   ・和歌山県栄養士会 地域活動部会 那賀地域リーダー

         ・ アメブロ、メルマガなどにおいて情報を発信中